2007年01月30日

ちょっとドライブ

先日の土曜日は天気が良かったので、momoを連れて車で出かけました。


DPP_229.jpg


明るいところで撮るとなんだか羽根がボサボサ〜。

只今顔の羽根が換羽中です(^_^;)


DPP_230.jpg

車に乗せるとケージから出てきて外をキョロキョロ。

放っておくとフロントガラス間際まで入って行こうとして危ないので
助手席の私の手に据えられてドライブです。

膝の上でじっとしてくれてばいいのですが、窓の外が気になるらしく
首をぐぐぅ〜っと伸ばして外を見ようとします。

林を見ると飛びつこうとしたり、私が見ても何かわからないものに
異常に関心を示したりと観察していて面白いものです。

2時間ほどのドライブでしたが、家に帰ってからも私の心配をよそに
家の中であちこち遊んでおりましたよ(~_~;)

普通フクロウの移動は厳禁で、移動させなければならない時はフクロウ
専用のケージを使い(窓の無い木箱)、ケージの蓋を少し開けて暗くする
とされているのですが、momoの場合はパニックになってしまい、しばら
くの間怯えが収まりませんでした。
そこで小型犬用のケージを使い、窓を開けるようにしたらパニックにな
るようなことはなくなりました。
momoは例外と言ってもいいかもしれませんが、個体差というものは動物
にはつきものですから、ケースバイケースで考えるのがいいかもしれま
せんね。


ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。


posted by soleil at 13:53| Comment(0) | TrackBack(4) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

外はお天気

DPP_221.jpg


月末が差し迫る中、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

私、今日は頭を業務に専念させているため、記事を書こうと
思いましたが、頭が空っぽ。

また明日から頑張りま〜す。

それでは短いですがこの辺で。
月末の締切りに追われている方々、頑張ってくださいませ。


ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。





posted by soleil at 15:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

フクロウにビタミンCは必要か?

DPP_224.jpg



1/17に「抗生物質投与中の栄養は?」の記事のコメントで、「フクロウは
ビタミンCを体内生成できるのでは?」とアフワシのサスケ君ちの飼育係
さん
からご質問をいただきました。

私の記憶では〜、フクロウは○○○酵素(名前を忘れた)が無いためビタ
ミンCを体内生成できないと思っておりましたが、念の為調べてみました。
が、ネットや本ではあまり要領を得ないので「日本ビタミン学会」に
メールで質問してみました。

質問を簡単にまとめると下記のようになります。
「フクロウもビタミンCを体内で生成できるのか?また、療養中のフクロウに
 ビタミンCを投与しても良いのか?」

ビタミンCは基本的には害は無いと思っていましたが、フクロウには与えては
いけないビタミンもあるので念の為。

そして回答をいただきました。全文を載せる事にします。

「鳥類の場合、現在わかっている限りで、全くビタミンCを合成できない
 鳥類は知られていませんが、産業用の家禽(ブロイラー種の鶏の雛)
 では、 ストレスのたまるのを防ぐ意味で、ビタミンCを飼料に添加する
 と,健康で、早く成長するという効果があるとか、卵の殻を厚く、破損
 しにくくするとかの効果が認められ、飼料に添加されている場合もあり
 ます。ただ一般的に、ビタミンCの体内合成は、不十分の動物が多く、
 飼育条件によっては不足がちになるケースも考えられるので、添加する
 ことで未然にそうした危険性を防止する措置がといられています。
 ご質問の、フクロウの場合も、ビタミンCは体内で合成されているはず
 ですが、エサにビタミンCを添加しても、害になることはありません。
 10r程度を与えても大丈夫です。」
  (soleil注:フクロウは大きさに差があるので、添加量は固体の大きさ
        に合わせて増減する必要があると思います。)

以上でございます。
 (日本ビタミン学会様ご丁寧にありがとうございました!)
フクロウもビタミンCを体内で作っているようです。

私の記憶違いでございました。大変失礼いたしましたぁ〜ふらふら


DPP_218.jpg




ところで、ビタミンCの生理作用ですが、
1.抗酸化作用 2.コラーゲンの生成 3.生体異物の代謝(解毒作用)
4.コレステロール/脂肪酸の代謝 5.アミノ酸・ホルモンの代謝
があげられ、大量摂取の薬理作用として
1.免疫能の増強 2.抗腫瘍作用 3.白内障予防・・・ 以下略
が報告されているそうです。
  詳しいことは HP「日本ビタミン学会」のビタミンについてのページを  
  をご覧下さい。


ビタミンCとはなんというスグレもの・・・momoじゃなくとも女性なら欠乏は
避けたいものです。
(残念ながらヒト・サル・モルモットはVCを体内合成できません)
ところが「一般的に、ビタミンCの体内合成は、不十分の動物が多く、飼育
条件によっては不足がちになるケースも考えられる」とあります。
これはストレスや体力の消耗などによって起こるらしいです。
水溶性のビタミンCは必要量以上は体外に排出されるので摂取過剰による害
がありませんので、病気予防のために定期的に与えても良いのではと思っています。

健康を保つ栄養はビタミンCだけではありませんが、1つでも欠乏すると
病気になってしまうとは栄養バランスとは思った以上に奥深いです。


ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。






 

posted by soleil at 11:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康状態&ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

あぁ〜、良い天気

DPP_150.jpg


今日のように天気の良い日は日光浴をさせたくなりますね〜。

ウィークデイの日中は出かけていないため日光浴をさせてあげられ
ないのが残念です。

フクロウは夜行性なので日光浴は必要ないと言う方もいるのですが、
1日中穴ぐらにこもっているならともかく、日中は木陰で休んだりして
いたりして、野外にいる以上は直射日光を浴びなくても何らかの形で
紫外線を浴びている思うので、日光浴が全く必要ないという事は無い
のではないかと私は思っています。

またコキンメフクロウは海外の画像を見ると、地面にいるところを
よく写真に撮られています。

コキンメはフクロウの中でも活発に動く種類だそうですが、我が家
でも本当によく動きます。
たぶん野生下でもあちこちをちょこまかちょこまか動き回っている
ことでしょう。

momoが活発に動き回るのは大体朝からお昼過ぎぐらいまでです。
これは理に適っていると思います。
動物に日光浴をさせる時は朝9:00頃までが1番良く、午後4:00以降は
日光浴をさせるべきではないと聞いたことがあり、この説によくあて
はまっているなぁと思います。

さて、この日光浴はmomoのためだけではありません。

momoの健康のために午前中日光浴=私が朝寝坊できない
              ↓
   夜更かしできない=私も健康的生活を送れる

という芋づる式の健康ライフとなるはずですが、これがなかなか・・・。


あくびしながらmomoの日光浴ということがわりと多いです(T▽T)



ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。







posted by soleil at 16:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

この頃のお気に入り

DPP_193.jpg


以前momoはこの魚たちのことをブーブー言ってましたが
この頃よくこの水槽周りで遊んでます。


DPP_191.jpg


上手い具合に水槽のヘリに着地します。
が、しかし、すぐに電灯の上に移動します。


DPP_192.jpg


ガラスがあるとわかっていても、透けているので
落ち着かないのかなぁと思っていましたが、


DPP_198.jpg


アカヒレの入っている透明水槽の蓋(透明)の上にすぐ乗るので
そう落ち着かないわけでもないようです。

ここら辺のワケは謎です。

 〜? もしかして、水槽の背面の隙間を狙っているのか?!




ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。

posted by soleil at 15:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

コオロギに興奮の巻

DPP_183.jpg
<実を言うと生まれた時から女の子だったmomoちん>


momoたちフクロウは人間と違って「女の子だから甘い物好き♪」
と言うわけではありません。



DPP_188.jpg


DPP_185.jpg



マウスが大好きですが、生きてるコオロギも大好物です。

毎日マウスを食べているので少し飽きてきた傾向も
見え隠れする今日この頃なので動いている餌が新鮮な
ようです。






私は虫が嫌いなのでこのようにステンレス桶にコオロギを
放しておきます。
また虫かご(ケース)からこの桶に移す時は魚すくいの網を
使って入れております。
これもmomo可愛さの苦肉の策でございます(^_^;)

喜んで食べてくれるので苦労する甲斐もあるかなぁ〜(~_~)




ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。

posted by soleil at 13:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

予感的中・・・

嫌な予感と言うものは当たるものです。

他のコキンメにグルーミングを積極的にしてあげる行動やら、
鳥類の産卵には何かと心配事があるので、出来ればメスじゃ
ない方がいいなと思うことから「momoはオスではないか」と
いう希望的観測持っていましたが、見事に裏切られました。

momoの性別が判明しました。メスでしたぁ〜。

19日(金)の夕方獣医さんから連絡をいただきました。


DPP_146.jpg


ですが!


DPP_172.jpg



そうそう。
野生動物は、パートナー選びの優先権はメスにあります!
フクロウとて同じ。

友人宅のコキンメにはどこか腰が引けていて、
「これはなかなかパートナー選びが難しそうだ〜ふらふら」と
心配しておりましたが、momoがメスとなれば立場は逆転!
momoにお婿さんを選ぶ立場になるんです〜わーい(嬉しい顔)
(友人宅のコキンメにとってmomoは自分のテリトリーの
闖入者だったので嫌われたらしい)

猛禽SHOPでペアでいるコキンメの間に割り込んでいったり、
一緒に車に乗せたコキンメが怖がってうずくまっているころを
グルーミングして落ち着かせてあげたりと私にオスと誤解させる
ような行動をしてくれてましたが、ただの積極的で優しい女の子
だったようです。


それではあらためて、
お見合い写真でも・・・


お見合い写真1.jpg
<少しおしとやかにね。女の子なんだから。>


momoはあと26日間お薬を飲まねばなりませんが、無事乗り切って
もらい、春になって元気な気立ての良いお婿さんが見つかれば
いいなるんるんと思っております。



ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。


posted by soleil at 14:51| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

よい週末を〜!

一昨日まじめに記事を書いたために知恵熱
いえ、風邪をひいたらしいです。
ちょっと熱っぽいなぁ〜(ーー;)

せっかく天気の良い週末のようですが、私は家でのんびりかな。


DPP_164.jpg


週末はmomoも1日中家の中で遊ぶので、シャカシャカシャカシャカという
爪音が部屋の中じゅうすることでしょう。

みなさんもおからだに気をつけて良い週末を〜。



ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。


posted by soleil at 14:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

soleilはお休み

DPP_174.jpg




DPP_174-2.jpg



この頃ボクは朝マウスを食べるようになりました。

あのまず〜い粉薬つきのファジーマウスと違って、小さい
ピンクマウスになっちゃいましたが、朝からマウスを食べ
れるのは嬉しいです♪

でもそのピンクマウスの頭にも透明な液体が付いているん
だけど、それは抗生物質というお薬だそうです。

soleilはボクの体調や食欲を気にしていますが、夜ゴハンも
ちゃんとヒヨコ1羽食べれるし、出不精になったわけでも
ないので大丈夫です。


DPP_179.jpg


そうそう、それからおやつにコオロギも貰える様になりました。
しかも生きてるヤツです!
食べる時についつい興奮しちゃってバタバタしちゃうけどね。

獣医さんに掴まれていろいろ身体を触られたのはイヤだったけど
あれ以来ゴハンが増えたのでまた行ってもいいかな。

心配してくれた皆さん、ありがとうございました♪



ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。









posted by soleil at 15:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

抗生物質投薬中の栄養は?

DPP_144.jpg



昨日、寄生虫の再検査の結果を獣医さんからお電話をいただき、
ついでに抗生物質を投薬中の心配について聞いた所をまとめると
以下の通りです。

「この薬で体調異変になった固体は今までいませんが、もし
 影響が出るとしたら肝機能低下でしょう。だからといって
 肝臓に良い薬・栄養剤などは特に必要なく機能低下が現れて
 からで対応は大丈夫ですが、ビタミンとカルシウムは欠か
 さ無い様に。それも栄養剤ではなく、なるべく餌から取れ
 るようにして下さい。」

とのことでした。

また、抗生物質を与えると腸内細菌のバランスが崩れるので腸内
細菌のバランスを保つ栄養剤(小鳥用)について聞いてみましたが、

「小鳥と猛禽類では餌が全く違うので腸内細菌のバランスが
 違います。今市販されているのは小鳥用のもので猛禽類用
 ではありません。となると猛禽類に合うとは言えませんので、
 お勧めできません。心配なら猛禽類用の消化酵素をあげた方
 がいいでしょう。」

むむぅ〜、なるほど〜。そう言われてみれば・・・。
あげてみようかなと思っていた栄養剤もあるのですが、やっぱり
ビタミン・カルシウム程度でやめておいたほうが無難かも。
ビタミン剤は小鳥用でもOKですが外国製のほうが有効だそうです。

獣医さんが言われるビタミン・カルシウムと言うのは昆虫類から
取れと言っているのですが、猛禽類・爬虫類の常食であるコオロギ・
ミルワームについて調べてみるとこれがまたデーターがいろいろ・・・。

  *マウスやヒヨコからはビタミンC・Dを摂取できる量は
   データに載らないところ見ると少ないと思います。
   ですので植物を食べる昆虫を介してビタミンCを摂取
   することになります。またビタミンDは毎日日光浴さ
   せればいいのですが、なかなかそれも難しいので、
   添加剤をかけたコオロギに頼ることになります。
   ビタミンC・D共に免疫強化の作用があり、ビタミンD
   (D3)はカルシウムを吸収・沈着の作用があります。
   

餌のことにまで数字が付きまとってくるのかと思いながらも
momo可愛さに負けデーターと格闘する私でした。

で、私なりの結論としてですが、
まずミルワームはパス。
もともとカルシウムとリンの対比(1:8〜1:10)が悪く、グラム対比でも
1kcal対比でも高脂肪低蛋白。
身体を覆う殻のキチン質も消化が悪いとなると、現状で与える必要は
ほとんど無いでしょう。

 *リンとカルシウムはセットで取るものですがリンの摂取過多
  は腎臓に負担を与えます。またカルシウムとリンのバランスは
  動物によって変わりますが、フクロウのデーターは探せません
  でしたがカルシウム>リンのバランスにしておくのが良いそう
  です。


一方コオロギ(餌用フタホシコオロギ)ですが、グラム対比とcal対比
では数値にかなり違いがあっても低脂肪となっています。
またカルシウム:リンの対比は1:1〜1:2の間のようです。
ビタミンCはミルワームの約3倍(他のビタミン類のデータがわからない)。

また稲穂の国日本にはイナゴという優れた虫がいます。
このイナゴは栄養価のほとんどがコオロギより優れています。
ただ、人工繁殖のイナゴはいません。
冷凍ボイルイナゴは見つけましたが、獣医さんに聞くと蛋白質は
熱によって固まり消化に良くないそうです。

となると、やはりコオロギが餌となる昆虫として1番現実的です。


DPP_147.jpg



で、やっと結論ですが、ビタミンを多く含む餌を食べさせたコオロギに
カルシウムパウダーを添加したものを餌にするのが良いという事になり
ました(結局一般的な方法だなぁ)。

  *購入したてのコオロギは販売店でコオロギに餌を与えているか
   わからず、コオロギがケースの敷物(新聞・紙など)を食べていて
   胃の内容物が新聞となっているケースが多いので買って来てすぐ
   に餌とせず、しばらく自宅で餌をあげてからフクロウの餌とする
   のがいいです。


また、虫嫌いな方にはコオロギを1度冷凍するというテもありますが、
冷凍するとビタミンが損なわれるのでビタミンを添加する必要があります。

ただビタミンB複合体を含む栄養剤には要注意です。
猛禽類、特にフクロウは死亡例があり避けたほうが良いようです。


  *ビタミンB複合体がどのように作用して死亡に到るかのメカニズムは
   まだ解明されていませんが、経験的に解っている事なのでやめた方が
   いいと思います。また小鳥用の栄養剤でB6やB12を含むメジャーな
   栄養剤もありますが、フクロウに与えて実績のあるものならいいの
   ではないかと思います。



ところで主食のヒヨコとマウスですが、ヒヨコは低脂肪高蛋白。
ただカルシウムが1kcalあたりマウスの半分。
マウスのほうはカルシウム:リンのバランス、ビタミンの量は優れて
いますが、ファジーは脂肪が多く、ホッパーのほうが脂肪が少ないです。
これはファジーがまだ母親のミルクを栄養源としているからです。

理想はホッパー以上のマウス・ヒヨコ・コオロギをフクロウのサイズに
あわせて分量を変えるのが良いのではないでしょうか。

中型以上はマウス・ヒヨコの分量を多くしコオロギを少なくし、小型種で
あればコオロギの分量を増やすといった具合でしょうか。
たしかに野生であれば小型種はマウスを捕獲する機会は少ないと思われ
ますからね。


随分時間をかけて調べたわりには非常に一般的な方法に落ち着きました。
先達の知恵はさすが、バカには出来ません。

今年の秋はイナゴ獲りにでも行こうかなぁ。
1kgも取って冷凍すれば1年分はまかなえそうだし・・・。

  *野生の昆虫もOKですが、寄生虫を殺すため冷凍するのが
   良いそうです。


と、言うことで、久しぶりにまじめな記事を書いて頭がかなり疲れてしまいました。
私は糖分補給をすることにしま〜す(^_^;)




ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。




posted by soleil at 14:33| Comment(7) | TrackBack(0) | 健康状態&ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

寄生虫退治完了!

今日午前中獣医さんから寄生虫(トリコモナス)は
見られなくなったと連絡をいただきました。


DPP_156.jpg


まだ抗生物質は投薬中ですが、とりあえずホッといたしました。

体重は2〜3g減りましたが、それが寄生虫がいなく
なったからなのか、粉薬の投薬中ヒヨコをほとんど食
べなかったなのかはわかりませんが今のところ元気です。



DPP_142.jpg


さて、残るは抗生物質ですが、あと31日間あります。
これは1日2回1滴ずつ餌にかければいいのですが、心配
なのは身体に与える影響です。

お電話をいただいたついでに獣医さんに聞いてみましたが、
それについてはまた明日。

す、すみませんふらふら

ご心配をいただいた皆さん、ありがとうございました




ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。







posted by soleil at 13:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康状態&ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

嫌な予感

土日はmomoをほとんど1日中放鳥していますが、
ず〜い〜ぶん活発に動いてました。

いままで人間が起きてる時には床に下りてきたり
しないのですが、この土日はそんなことはお構い
無しに動き回ること。


DPP_131.jpg



初めは虫下しが効いて元気になったのかなぁと
思っていたのですが、行動を良く見ていると
momoが隠れる場所をあちこち探し回っている様子。
キャビネットの裏・テレビラックやソファーの下、
キッチンまで遠征してキッチンカウンターの下など
そんな所には入っちゃいけません!!!という所に
ことごとく入ろうとしていました。


DPP_124.jpg


考えてみると今年の3月でmomoも2歳。
小型種なら発情期が始まる歳。
なにやらいやぁ〜な予感。
・・・・・もしかして巣引きの場所探しをしているのか?!

コキンメフクロウは木のうろ・岩の隙間など暗くて狭い
ところに巣を作ります。
我が家のまさに「狭くて暗い所」ばっかりを探しまくって
おりました。

潜り込んでも出てこれる所は見逃すこととして、キャビ
ネットの裏など入ったら出て来れない所は塞ぐことにし
ました。
昨日だけでも4箇所塞ぎました。
momoの大っ嫌いなぬいぐるみに門番をお願いすることに。
このぬいぐるみ達は使命を果たしているようで、momoも
近づかないようになりましたが、他の新しい場所を探し
始めています。

果たして自分の気に入った場所が見つかるのか・・・・。

う〜ん、やっぱりmomoはメスかも知れません。



ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。








posted by soleil at 14:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

粉薬終了!

DPP_158.jpg


昨日でトリコモナス(寄生虫)のお薬が終了しました!

あとは今日病院にmomoのフンを送って再検査して寄生虫が
駆除されていればOKです。

今週は毎日ファジーマウスを朝晩1匹ずつだけあげてました。
カロリー的には十分な食事でしたが1週間経ち、体重は投薬
前に比べると2gほど減り167gをキープしております。

体調も今の所問題なく元気です。

無事寄生虫の駆除が出来ていればいいのですが。



ブログランキングに参加しております。
投薬中のmomoにがんばれ〜の1ポチをよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。

posted by soleil at 12:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 健康状態&ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

憎まれ役な私

今週は投薬日記になってしまいました。
ところで今回(1/6)病院では、検査の他に診療の最後に
先生に嘴と爪のカットもしていただきました。

その前に家でやったのですが、まだまだ足らなかったようです。
*家ではサスケ君とこの飼育係さんご推奨のダイヤモンドヤスリを
使っております。

カット前
DPP_079.jpg


自分でもあと3mmぐらいは削りたいなぁと思っていた
のですが、先生にカットしていただき、なんと・・・・・・・


カット後
DPP_162.jpg

ここまで!



む、まるで文鳥の嘴・・・・。

以前に嘴が欠けた影響があると見ているのですが、
一番下層の部分が下嘴との隙間が空かない様に
伸びたようで、薄いのですが直線的に伸びています。
 *嘴は人間の爪のように多重構造になってます。

「この薄い部分も削ってあげていいですからね」と
先生から言われましたので、粉薬の投薬が終わったら
やろうと思っています。
(この部分、嘴から薬がはみ出てくるのを防止するのに
 意外と役立っている・・・)

DPP_155.jpg
本来あるべき嘴の形



それから、爪も伸びすぎていると言うのでカットして頂きました。


カット前(ピンボケでわかりづらいですが)
DPP_114.jpg

これも・・・・

カット後
DPP_163.jpg
こんなに!




特に爪は長くしておいていいこと無いそうです。

この作業を先生は右手にニッパー、左手でmomoを背中から
鷲掴みにして一人でやってしまいました。
いつも猛禽SHOPでは2人がかりでやっているので、先生が
あまりにサクサクやってしまうのを見て私のほうが心配と
ハラハラで固まってました。

そして10分ほどで終了。

さぁ〜これでこの日の診療は全て終わりとなりました。
長かったけどmomoちん頑張りました。

診療室で私の手の上に乗ってる時に先生がmomoの背後から
鷲掴みにされたので「私の手に乗る=捕まえられる」と
刷り込まれてしまったのか、帰りの車の中では私の手の上に
乗るのが「も〜イヤ」と思ったらしく私から逃げて主人の肩に
乗っておりましたよもうやだ〜(悲しい顔)

先生が仰った
 「フクロウは根に持たないから大丈夫ですよ」
と言って下さった言葉を胸に家に帰った私でした。



ブログランキングに参加しております。
投薬中のmomoにがんばれ〜の1ポチをよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。

posted by soleil at 13:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 健康状態&ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

良薬は口に苦し

今のところ投薬生活は順調に進んでおります。


DPP_157.jpg



momoも大好きなマウス君を毎日食べられる♪のでお薬も
嫌がらず・・・と思っていたら、意外な行動を始めました。


猛禽類を飼ってらっしゃる方ならお分かりかと思うのですが、
身体をしっかり掴んで頭から噛みます。
この習性を利用してマウスの口に薬を詰めました。

いつもマウスの口のほうから噛んでいるので、初めの一噛みで
momoの口の中にマウスの口から流れ出てきた薬が入ります。


DPP_140.jpg



「よぉ〜し、いいぞ」と思ってみていると一度口に入れた
マウスの頭を口から出し、しばらく嘴をパクパクさせいつもの
ようにがっつく様に食べません。
これを2〜3度繰り返し最後は食べ始めました。
このようにして初めのうちは食べていたのですが、昨日辺りから
1度嘴で噛んだマウスの頭をすぐに離してしまう様になりました。


どうやら薬の味が気に入らないようです。
頭部には薬の粉が付いています。
また、マウスの口のほうから出てくる抗生物質で解けた粉薬も
気に入らない様子。
なんと、マウスを口からではなく後頭部から食べるようになり
ました。
意外にコヤツ知恵があるなと思いつつ、ちゃんと食べてね♪と
momoが1匹食べ終わるのを見守る毎日です。
この粉薬もあと2日で終わり。
抗生物質は液体で1回1滴なので今よりずっと簡単です。

以前は甘噛みすると唾液のニオイがしてましたが、この頃しなく
なりました。お薬が効いたのかな?
*唾液のにおいがする・口のニオイがするというのは
 トリコモナス(寄生虫)特有の症状です。

この寄生虫駆除が終わればクラミジア対策のみ。
でも、抗生物質の投薬期間中は副作用の危険もあるので、今以上に
気を使わなければいけない様です。
獣医さんとの綿密な相談も必要ですね。



ブログランキングに参加しております。
投薬中のmomoにがんばれ〜の1ポチをよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。




posted by soleil at 13:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 健康状態&ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

スプラッタな投薬Time

*本日はネズミファンの方にはお気の毒な記事です。


今日で投薬開始から4日目になりました。

朝・晩2回あげています。

DPP_168.jpg
駆虫薬1回1袋



DPP_167.jpg
抗生物質1回1滴

です。



初めはヒヨコに振り掛けてあげようかと思ったのですが、
ヒヨコの血液で流れ落ちる可能性があるのでマウスのお腹に
薬を入れてみたのですが、momoがマウスの身体を足で掴むと
薬が出てきて足に付くので薬を全量あげられないなと思い、
投薬量のロスを減らすためマウスの口に詰め込んであげるこ
とにしました。

DPP_165.jpg




粉薬は大体耳掻き山盛り2杯ちょっとあると思います。
この量を詰め込める口の大きさとなると、大き目のファジー
マウスになります。


DPP_139.jpg
<薬詰めのマウスと知らず大興奮のmomo>


今までは大き目のファジーをあげた時は、momoの好きな所で
食べることを許していましたが、今回は自分の目で薬がmomoの
口の中に入るのを確かめるまで安心できませんので、手の上で
食べさせるようにしました。

Lサイズのファジーはmomoには一呑みするにはちょっと辛いの
でいつも一呑み出来る大きさになるまで引きちぎって食べます。
いやぁ〜な予感は必ず的中するなと思いつつ、私の手の上で
マウスを握っていたmomoは案の定マウスをちぎって食べ始め
ました。

手の上で繰り広げられるスプラッタなシーン。
ぎょえ〜がく〜(落胆した顔)と思いながらもmomoの口の中に薬が納まった
ことを確認しました。

そして最後は・・・

DPP_166.jpg
<気前よく食べてくれたmomo>


この駆虫薬の粉薬は1週間続け、フンを再検査です。
これで寄生虫が駆除されていればあとは抗生物質だけ
あげればいいことになります。

でも、momoはマウスの味がなんとなくヘンだぞ〜と
思ってきたみたいです。

このまま無事1週間を終えて欲しいです。



ブログランキングに参加しております。
投薬中のmomoにがんばれ〜の1ポチをよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。



posted by soleil at 13:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康状態&ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

初めての獣医さん

先日、1月6日土曜日に獣医さんに行って参りました。
私もmomoも初めての動物病院です。
今回の目的は「性別検査と健康診断」です。



DPP_159.jpg


行ったのは東京都町田市にある動物病院で、エキゾチック
アニマル(小動物も)専門の病院です。
病院内は小さいですが、きれいで清潔でした。


ガラス戸で仕切られた部屋にはこの獣医さんが飼っている
動物たちが見え、ヘビ・トカゲ・ワラビーみたいな動物etc…。
あと、コキンメフクロウもいました。
(HPを見るとシロフクロウも飼っているとの事でしたが、
今回は見れませんでした。)


さて、呼ばれてmomoを連れて診察室に。
いろいろと質問のあと先生の触診が始まりました。
私の手の上にいたmomoを背後からタオルで素早く片手で
鷲掴みです。
手際の良さにちょっと驚きましたが、1番驚いたのは
momoでしょう。
仰向けにされ胸〜お腹を触られ、嘴を開けられ(これも簡単に
開けてました)口のニオイをかがれ綿棒で唾液を取られました。

触診の時間は10分ぐらい、問診やアドバイスの時間を含め
だいたい30分ぐらいかかったでしょうか。
その後引き続き処置室らしき奥の部屋に連れて行かれて採血で
検査は終了。
性別検査のためのDNA検査は外部委託ですが、その他の血液検査・
ペリット・フンの検査は30分ぐらいで判るので待合室で待機です。
*採血は注射で翼の付け根から取られました。


再び名前を呼ばれてmomoと共に診察室へ。
まず内臓は問題なし。
少し脱水状態でしたが、momoがあまり水を飲まないことが影響
している様でしたが、コキンメが余り水を飲まないのは先生も
ご存知できれいな水を常に置いておいてあげればいいですとの
ことです。


心配だった嘴の欠けも肝臓に問題が無いので嘴が伸びやすい
体質かも知れませんとのことでした。


しかし、しかしです。
ガーン
なんと寄生虫とクラミジアが発見されました。
不幸中の幸いでまだ発症はしておりませんでしたが。

寄生虫は否応無く駆虫薬を投薬ですが、問題はクラミジア。
いわゆるオウム病菌です。
これは抗生物質を45日間も投薬しなければなりません。
発症した場合は呼吸困難になり辛いそうです。
先生に身体への負担をお伺いしたところ、
「負担が無いとは言えません。ですが、体力が低下したり
 他の病気になった時に発病する可能性が高く、発病して
 から治す方が大変ですよ。」
と言われ、薬をいただくことにしました。

また、栄養面でもアドバイスをいただきました。
「フクロウは人に飼われているとどうしても免疫力が低下して
 病気になり易いです。そういった面でフクロウは弱い鳥ですが、
 栄養不足を補ってあげて健康を保てれば長生きしますよ。」
この先生の飼っているコキンメは11歳で健康だそうです。
う〜ん、説得力あります。

また先生仰るには
「免疫力低下を防ぐ為にビタミンをカルシウムは絶対あげて下さい。」
はい、わかりました。早速入手いたします。

それから
「小型種なので餌はヒヨコ・マウスの他に餌用ゴキブリ・コオロギ・
 イナゴ・ヤモリなどの爬虫類などもなるべくあげて下さい。
 生き餌でなくて1度冷凍してからにして下さいね。寄生虫が死に
 ますから。」
はい。がんばります。

多分今後我が家の冷凍庫にはヒヨコ・マウス・レップミールの他に
昆虫類が在庫になる予定です。
冷蔵庫とは別に独立した冷凍庫を買っておいて良かったです。

最後に嘴と爪をカットしてもらい診察を終えました。
薬をもらった後、受付の方に
「緊急の時はいつでもご連絡下さいね。」と言われました。
そうでした。
この病院は急患時随時対応なんです。往診もするそうです。
(但し、犬猫は診ないそうです)
まぁ、我が家は往診してもらうにはちょっと遠いですが、
フクロウは人間が体調が悪いと気付いてから死亡するまでの
時間が短いので、夜中なら車で1時間以内で付く所に急患を
診ていただける先生がいてくれるだけでも嬉しいです。


DPP_152.jpg


食欲旺盛・外見も問題なしでものんびり構えていてはいけませんね。
最低半年に1回は検診を受けたほうが良いそうです。
今回のこの結果で私も反省することが多く、良い勉強になりました。
DNA鑑定をしたので料金は高くなりましたが、人間が保健を使わない
場合の医療費と同じぐらいで、良心的な金額ではないかと思います。
時間はかかりましたよ〜。
初めの問診〜検査待ち時間〜検査結果及び今後のアドバイスまで含め
都合1時間半ぐらいになりました。


さて、この日より既に今日3日めですが、momoは毎日朝晩2度の投薬
生活が始まっております。


DPP_141.jpg


駆虫薬は粉で1週間分、抗生物質は液体45日分です。
マウスの口に薬を押し込んであげております。
momoちん、頑張っておくれ。

この1週間はmomo-logは闘病日記になるかももうやだ〜(悲しい顔)



ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。

























posted by soleil at 11:47| Comment(8) | TrackBack(0) | 健康状態&ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

成人の日

今日は成人の日。
成人をお迎えの方、おめでとうございます。



DPP_149.jpg


風は強いですが、この日月はいいお天気でした
日光浴もさせたのですが、風の当たらない所で少し短めにしときました。

フクロウは寒さに強いイメージがありますが、
momoのような小型種はあまり寒さには強くありません。
ウチでは最低でも15℃はキープするようにしています。
でも、インコや文鳥たちのように気を使うほどではないですよ♪

あと、この時期気を使うのは餌の温度でしょうか。
冷えた餌をあげると身体も冷えてしまいますからね〜。

夏は衛生と熱射病に気を使いますが、冬も何かと気を使いますね。
でも風邪をひかせてしまうと肺炎など深刻な状況になりかねないので、
やはり冬の方が心配なことが多いかもしれません。

小さくても大切な命ですので、してあげられることは出来るだけやってあげたいと思います。


ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。
posted by soleil at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

無くて七癖

物陰からじっと人の気配を窺うmomo。

DPP_119.jpg


ううう〜この顔、momoちん、また何か隠し事してるわねちっ(怒った顔)


DPP_120.jpg

そうです。
キャビネット裏の隙間を狙って、正月休み中ず〜っとこの場所に
入りびたっておりました。

この写真はmomoが私に隠れて何かやらかしてる時の行動です。
以前隠していたネズミを食べようとした時もこんな風に顔を
半分だけ出して私の様子を窺ってました。

別にコソコソしなくてもいいんじゃない?と思うのですが、
本人(鳥)としては人に知られたくない事もあるようです。

確かに去年は隠しネズミを食べたり“どひゃぁ〜”と思うことやって
くれたので、momoがこんな風に周りの様子をチェックしている時は
こちらも要注意timeとなりました。

今年も気の抜けない1年になりそうです。



ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。





posted by soleil at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

正月ボケ〜

DPP_077.jpg


いやぁ、なんとものんびりした三が日でした。

明日あたりからお仕事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私はまだあと1日あるのでのんびりしておりますが、

あまりのんびりし過ぎるとボケボケになりそうな・・・・。

今年も皆さん頑張ってくださいね♪



ブログランキングに参加しております。
momoに1push、ポチっとよろしくお願いします!

   ↓

banner_02.gif

いつもご支援下さる皆さん、ありがとうございます。
posted by soleil at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。